服装について

リクルートスーツは用意する

 面接を迎えるにあたって、リクルートスーツは一着用意しておきましょう。複数企業の面接を受けるのであれば、何処かしらで必要になる可能性が高いです。

 また、黒の上下のスーツは1着持っていて損をすることはありません。冠婚葬祭など、ちょっとした行事で袖を通す機会があるはずです。1つも無いという人は、安いものでもいいのでそろえておくのがベターでしょう。また、古いスーツしかなければ袖を通して見た目の確認をしましょう。

 サイズ、虫食い、ホコリなどチェックし、みすぼらしく見えないようにします。

清潔感を持たせる

 就職活動は、清潔感を持たせるのが一番と言われています。どんな職業であっても、見た目の印象が重要となります。ぼさぼさの髪の毛、華美な化粧というのはイメージが悪くなります。

 最低でも、暗めの髪色に抑えるなど、事前に美容院で整えて貰うといいでしょう。当日スーツや指定の服に袖を通したら、だらしが無い着方はしてはなりません。きちっと洋服を着て、身を正して面接に望むべきです。

 どのような人でも清潔感のある人を不愉快に思う人はいません。ですので、服装のセンスなどに自信のない方は、清潔感重視にコーディネートすると良いかと思います。

【関連記事】
マナーについて
面接で聞かれること(よくある質問)など