履歴書を郵送する際の基本とマナーとは?

履歴書を郵送する際の基本とマナーとは?
 
 就職活動において応募書類を送付する際には、色々なマナーに気をつけて送りましょう。まず初めてに郵送するための封筒ですが、基本的には無地の白い封筒が一般的です。なかには茶色の封筒を使用する人もいますが、どちらでも問題はありません。間違ってもそれ以外の封筒を使用するのはやめましょう。

 次に封筒に宛名を記入します。まず宛名面に関してですが、右から送付先住所、中央に会社名、担当者名となります。文字は縦書きとなっていますので、間違っても横書きでは書かないようにしましょう。それだけで非常識だと思われてしまいます。

 そして左側には履歴書在中と記載するのですが、これは赤字で書くようにしてください。普通封筒など何かしらが送られてきたら、最初に何が届いたのだろうと思いますよね。応募先の人がすぐに何が届いたかわかるように伝えるためにも、赤字で記入するのです。

 また、全てに言えることですが、全てサインペンなどで記入してください。ボールペンやシャーペンなどでの記入は社会人としてのマナーに欠けてしまいます。また、裏面には自分の住所と氏名も必ず記入しておいてください。

 封筒に記入が終わったら次は添え状を作りましょう。添え状はもちろんつけなくても採用担当者に履歴書は届きますが、ビジネスマナーとして添え状を付けるのが基本です。また、送っておいた方が採用担当者の印象もよくなる可能性もあるのです。

 添え状は、どのような書類が来たのか、何枚あるのかといったことを伝えるための書類です。例えば応募者は履歴書と職務経歴書で3枚送ったとします。しかし、何かの手違いで先方は2枚しか見ていないとなると、お互いに困ってしまいます。それを防ぐためにも添え状を同封しておくのが大事なのです。

 作成方法は手書きでも問題ありませんが、パソコンで作成しておくことで何回も使い回しができるので効率が良いです。こうして添え状を作成し終わったら、透明なクリアファイルに同封する書類をまとめて送ってください。さらにクリアファイルに入れる際には書類をクリップなどで止めておくと、バラバラになってしまう可能性も少ないですのでおすすめです。