履歴書は手書きとパソコンどちらで作成したほうが良い?

履歴書は手書きとパソコンどちらで作成したほうが良い?

 履歴書の作成は手書きとパソコンでの作成をする人がいますが、実際にはどちらで作成するのが就職しやすいのかは不明です。面接官や企業によってその考え方は異なるようですので、一概にどちらが良いとは言えないのです。

 面接官によっては手書きの方が応募者の味が出るために好きといった人もいますし、逆にパソコンでの作成の方が読みづらいといったことはないために良いという人もいるのです。このように履歴書は面接官によって反応も異なるために、自分の作成しやすい方で行うのが良いのではないでしょうか。

手書きとパソコンそれぞれのメリットとデメリットとは?

 手書きによる履歴書には、心がこもっている、本気さが伝わるといったメリットがあります。これももちろん面接官次第ではありますが、丁寧かつ真剣に作成したものであれば、多少なりとも気持ちが伝わることもあります。

 しかし、手書きでの作成にはデメリットもあります。履歴書作成の基本として、間違いを修正することはできません。もし仮に間違ってしまったら最初から作成し直すことになります。そのためにも下書きや練習を何度もしておくことが大切なのですが、それでも間違ってしまうことはあります。

 手書きでの作成はこういった手間と時間を必要とするために、ある程度時間がないと作成が難しいのです。ちなみにこういった手間な部分はパソコンでの作成だと解消されます。当たり前ですが、パソコンは印刷する前であればいくらでも修正することが可能です。間違っても一瞬で修正することができますし、一度履歴書を作成しておけば、同じデータをもとに何枚も作ることができるのです。

 基本的に履歴書の左側はどこに応募しても記入する内容はさほど変わりませんので、大幅に時間効率が上がるのです。転職活動は人によってすぐに決まる人とそうでない人がいます。なかなか転職できない人にとっては、就職活動にかける時間を少しでも効率よく使いたいと考えている人もいますので、そういった方にはパソコンでの作成が良いです。また、手書きとは違ってパソコンの文字は見づらいといったことがないために、特に字が下手な人には最適です。