履歴書の本人希望欄の書き方

本人希望欄とは

 履歴書には、「本人希望欄」が設けられています。本人希望欄と書かれていると、ついつい何か埋めてみたいと感じますよね。しかし、企業に提出する書面にむやみやたらに意味の無いことを書いてはいけません。

 ここでの本人希望欄というのは、ちょっとした注意点が必要です。本人希望欄の意味は、「この条件を満たさなければ辞退します」という意味です。つまり、本当に満たしてもらわないと困る条件だけ埋めましょう。

 むやみやたらに書くと自分の就職先を狭めてしまうことになります。アルバイトなどでは特に問題は無いことが多いです。ただ、一方で正規雇用で何か埋めるのはちょっと危険です。

書かないときにはどうするべきか

 本人希望欄は、どうしてもという条件が無い限り希望を書くべきではありません。必要のないことを書くのは、就職先を狭めてしまうことになります。そうなると、希望は特に無いという人もいますね。

 書くことは無いという人もいるでしょうが、空欄にするのも印象が良くありません。できれば、「御社の基準に従います」というような文字を書くのが一番です。何も書くことが無いときには参考にしてみてください。

【関連記事】
履歴書で見られるポイントとは
履歴書や職務経歴書で悩んだ時の解決方法
アルバイトを職歴にするためには、一体どうすればいいのでしょうか