就職率について

就職率は変わらない

 例えば、大学卒業者と見ても、就職率というものはさほど違いがありません。平成24年度の統計では、大卒者の就職内定率が60%~65%程度です。一方で、同年度の中卒者の就職内定率は60%程度となっています。

 就職率を見ればあまり変わりはありませんが、大きく違うのが就業先です。一般的に、中卒者は男性であれば力仕事、女性であれば接客業が一般的でしょう。一方で、スーツを着たホワイトカラーの仕事は困難になります。

 ただし、どんな仕事でも転職という方法で仕事に就くことは無理ではありません。就職率自体は変わりありませんので、自身を持って突き進みましょう。

諦めないこと

 中卒というと、学歴だけでアウトというイメージがありますよね。でも、転職率や世間体を気にしないことが一番です。現在では、「中卒」を気にしないという企業も出てきています。

 確かに、中には「士」が付く仕事などどうしても学歴が必要な仕事は残念ながらあるでしょう。でも、やってみたいと思えば諦めずに仕事を探してみるのが一番です。中には、就職後に学校に同時に通える仕事もあります。資格所得をサポートしてくれる場合も少なくはありません。どんな仕事もまずは諦めずに探してみるべきです。

【関連記事】
就職準備の目的を立てよう
市場価値について
中卒の就職活動にかかる期間は?