就職準備の目的を立てよう

何をしたいのかをはっきりさせる

 仕事を探す上で大切なのが、何をしたいのかをはっきりさせましょう。中学校を卒業した15歳から人によってやってきたことはまちまちのはずです。高校生の頃は、学校に行かず時間があっても働ける仕事は限られています。

 その中で探した仕事と、転職という形で選べる仕事の種類はまた違います。いくつかの選択肢がある中で、どのような仕事をしたいのかをはっきりさせましょう。万が一学歴が必須な仕事場であってもあきらめてしまう必要はありません。

 多少回り道をしても、大卒の人よりも下積みが長くなっても、夢は叶えられるはずです。何をしたいのか目標をはっきりとさせれば、ぶれずに頑張ることができるでしょう。

将来像をはっきりとさせる

 これから仕事を探すにあたって、将来のビジョンを明確に持つべきです。そのためにはどんな人間になりたいのか、長い目で見た目標がとても大切でしょう。どんな道を通ることが正しいのか、一度考えてみるといいです。

 中卒であれば、高校や大学進学の選択が少ないまま社会人として歩みだしてきた人が多かったはずです。事実、中学校卒業と同時に仕事をしていると、将来について考える機会が少なかったはずです。

 転職はいい機会ですので、将来を見つめなおして何をやりたいのかをはっきりとさせましょう。

【関連記事】
市場価値について
就職率について
中卒の就職活動にかかる期間は?