就職を成功へ導く5つのSTEP

 まずは、「就職するぞ」という意識を強く持つこと。全てはここから始まり、この意識が継続できれば、必ず就職することができるはずです。

 また、就職までにしなければならないことを見極め、そこに全力を注ぐことも必須。その両者が備われば、就職できたも同然です。

あなた自身について考えてみよう

 何よりも気持ちを強く持つことが、就職準備なのかもしれません。プラス、「自分は一体どんな人間なのか」について今一度考えてみましょう。

 自己分析などと呼ばれますが、自分がわからなければ企業もあなたのことがわかりませんし、そもそもどこを目指せばいいのかもわからないはずです。

【参考記事】
就職準備の目的を立てよう
市場価値について
就職率について
中卒の就職活動にかかる期間は?

求人情報は逃さないこと

 求人情報が得られると思われる媒体やサービスには、常に意識を向けているようにしましょう。いつどんな求人情報が飛び込んでくるかわかりません。中卒という立場を考えれば、ほんの少しの情報も逃すことはできないはず。

 この意識こそ、成功に繋がるためのポイントとなります。

【参考記事】
求人情報で仕事探しをする時のポイント
悪い求人とは
良い求人を見つけよう!

興味を持ってもらうための応募書類

 字がきれいなだけで印象が良くなる、というのは決して嘘ではありません。丁寧な字で応募書類を書くことは、中卒がアピールするためのひとつのポイントにはなるはずです。

 志望動機はもちろんですが、趣味や特技なども興味を持ってもらうために、しっかりと書き込んでおきましょう。

【参考記事】
履歴書で見られるポイントとは
履歴書や職務経歴書で悩んだ時の解決方法
履歴書の本人希望欄の書き方
アルバイトを職歴にするためには、一体どうすればいいのでしょうか

悪い印象を与えないための面接対策

 どれだけの意欲を持って面接を受けに来ているかを見られています。また、面接中は、落ち着き、喋り方、志望動機の内容などが特にチェックされているでしょう。

 面接対策はこのあたりを重点的に行っておくことで、少なくとも悪い印象は与えずに済むはずです。

【参考記事】
マナーについて
面接で聞かれること(よくある質問)など
服装について

会社・業界予習で入社の準備

 入社準備でしておきたいのは、会社のことをより深く知っておくこと。会社を知っておけば、仕事自体は初めてでも、馴染みが早くなるはずです。

 余裕があれば、携わることになる業界についても予習しておきましょう。

【参考記事】
入社手続きをする
業界予習をしよう
内定後の過ごし方
初出勤までに確認しておきたいこと・用意しておきたいもの
中卒の就職者が感じがちな「この就職は失敗だった」|この時に考えることとは?
若いからこそ注意しておきたい入社後の言動や生活態度