初出勤までに確認しておきたいこと・用意しておきたいもの

ビジネスマナーの確認を

 中卒だからマナーを知らない、というのは偏見なのかもしれません。しかし、大学を卒業した人と比べると、総じてマナーや社会の常識といったものを身に付けていないことは事実なのかもしれません。

 面接を受ける時にある程度のマナーは身につけるかもしれませんが、ビジネスマナーというのはさらに深く難しくややこしいものなので、初出勤までにそれを身に付けておくようにしてください。

 電話対応もそうでしょう。名刺の交換方法もそうでしょう。ビジネスマナーとは挨拶や言葉の使い方のみならず、さまざまな分野が存在しているのです。中卒であることを蔑まれないようにするためにも、完璧に近い形で身に付けておく努力をしておきましょう。

社会人として恥ずかしくない身だしなみを

 ビジネスマナーは人間の内面から出てくるものが多い。知識がその大半を占めているのかもしれません。しかし、社会人として大事なのは内面だけではないはず。見た目、つまり、外見や身だしなみというのも重要なポイントとなるのです。

 初出勤の日までに、身だしなみもパーフェクトを目指しておきましょう。服装はもちろん、髪型や表情、化粧の仕方などにも気を遣っておきたいところ。細かいところまで気にしておくと、社会人としての自覚や風格というものも出てくるのではないでしょうか。

必要な品々の準備を

 ビジネスマナーを身に付け、それにふさわしい身だしなみも整えたら、今度は社会人として必要なモノを揃えていきましょう。

 例えば手帳。社会人の必須アイテムですよね。筆記具もなければ手帳をフルに生かすことができないので、これも用意。それらを入れる鞄。これは面接の時に用意しているかもしれませんが、職種や用途に合わせて使い分けられるよう、幾つか用意しておくとさらにGOOD。

 例えば、目覚まし時計。携帯電話等で代用している人もいるでしょう。それでも構いませんが、充電等が切れる心配はなく、すぐに時間を確認できるため、用意しておいて損はありません。余裕があればパソコンやタブレット、スマートフォンの類いも新調・用意しておくと、これも社会人としての意識を高めるためのものとなってくれるでしょう。

【関連記事】
入社手続きをする
業界予習をしよう
内定後の過ごし方
中卒の就職者が感じがちな「この就職は失敗だった」|この時に考えることとは?
若いからこそ注意しておきたい入社後の言動や生活態度