内定後の過ごし方

少しゆっくりとする

 中学校卒業からずっと働いてきたという人は、長い社会人経験を積んできたでしょう。アルバイトや契約社員などの時給労働では、なかなか休むことってできませんよね。

 時間を費やすことでお金を得られる職業は、体力との勝負であったはずです。これから転職が決まったのであれば、少しばかりゆっくりしませんか。仕事が始まれば、決まった休み以外は仕事尽くしになる場合も少なくは無いでしょう。

 体力が持たずにやめてしまう、仕事がきついとなってしまわないためにも、最初の休息は大切です。2泊位の小旅行、買い物、友達と会うなど、有意義な時間の使い方をしておきましょう。

必要書類を揃える

 内定が決定したら、ゆっくりとしているわけにも行きません。後から焦ってしまわないためにも、必要な書類について確認をしましょう。入社後に手元に無いという状況になると、「何をしていたのだ」と問い詰められてもおかしくはありません。

 また、入社後に慌てて集めようとしても、なかなか時間を取ることができずに余裕が無い場合が多いでしょう。入社承諾書の書類のサイン、身元保証人のサイン、住民票の提出が求められます。また、企業によっては他にも必要な宿題を渡されていることがあるでしょう。前職場から集める書類、役所に出向く必要がある場合もあるので、きちんと確かめるべきです。

【関連記事】
入社手続きをする
業界予習をしよう
初出勤までに確認しておきたいこと・用意しておきたいもの
中卒の就職者が感じがちな「この就職は失敗だった」|この時に考えることとは?
若いからこそ注意しておきたい入社後の言動や生活態度