入社手続きをする

必要な書類を揃える

 どの企業でも、入社前に集める書類があります。準備期間などがあるとばたばたしていると思いますが、忘れずそろえるようにしましょう。ただし、必要な書類というのは企業ごとに異なります。

 どんな資料が必要なのか、早いうちに訪ねておくといいでしょう。中には、家族や保証人のサインが必要な場合があります。遠くに住んでいる場合や、なかなか合えない場合には入社後ではそろえるのが難しいですよね。

 こういった書類をそろえなければ、正式雇用ができないという企業もあります。必要な書類はできるだけ早めにそろえるのが吉です。

入社手続きに必須書類

 多くの企業で入社の手続きを進めるにあたって必要な書類があります。株式会社や有限会社などは、企業であるので社会保険の適用をされています。保険加入の手続きなどがある場合には、年金手帳や雇用保険被保険者証が必要です。

 扶養控除等申告書、健康保険被扶養者異動届なども場合によって提出を求められますね。また、年度内に退職していれば全職場の源泉徴収票を集めなければなりません。身元保証書、住民票記載事項証明書、資格取得証明書など、何が必要なのかを聞いてみるべきです。

【関連記事】
業界予習をしよう
内定後の過ごし方
初出勤までに確認しておきたいこと・用意しておきたいもの
中卒の就職者が感じがちな「この就職は失敗だった」|この時に考えることとは?
若いからこそ注意しておきたい入社後の言動や生活態度