中卒の就職活動にかかる期間は?

応募をするまでにかかる期間

 就職をしよう!その心意気も大切ですが、求人に応募するまでにも色々と準備しなければいけない事があります。例えば応募に使う履歴書を書いたり、正社員として働く場合だと職種にもよりますがスーツで挑むことになりますので、そういった部分での準備も必要です。

 この辺はできるだけスムーズに進められるように、あらかじめ調べておく、周りに聞ける人がいるならアドバイスしてもらうようにしましょう。他にも物理的なものばかりではなく、自分が将来どんな仕事をしていきたいのか、自分はどんなことに挑戦したいのか、自分の気持ちの部分を整理整頓する時間も考えておきたいところです。

 このような期間をまとめると、大体応募をするまでに短い方だと1週間、長い方だと1ヶ月程度かかるとされています。また応募したい企業があるかどうかは求人の量にも関係してきますので、求人が増える冬から春先にかけて活動をするのか、求人が減る秋から年末にかけて活動するのかにもよって、かかる期間は変わってきます。

面接から採用まで

 応募をしてから面接までの期間としては、企業と応募者の日程を合わせるためのやり取りがあるため、通常数日~1週間は見ておきたいところです。祝日や連休を挟む日程ではもう少し長めに時間がかかる時もあります。

 そして面接から採用までは、当日や翌日にすぐ結果が出ることもありますが、大体は2~3日、応募が殺到する人気の求人では1週間以上待つこともあるようです。

 求人によっては二次面接、三次面接と面接自体数回設定されているものもあり、その場合はすべての工程で1週間~1ヶ月はかかります。最近では若干景気も上向きになってきてはいるものの、やはりまだまだ求人の数は多いとは言えません。

 どうしても1つの求人に多くの人が集まりがちです。そうなると面接に落ちてしまうこともあるでしょうから、同時進行で数社に応募していくとしても、自分が希望する企業から内定をもらうまでは、3ヶ月~半年程かかると思っておいた方がいいでしょう。

【関連記事】
就職準備の目的を立てよう
市場価値について
就職率について