マナーについて

立ち振る舞いに注意する

 マナーを守る上で最低限気をつけたいのが立ち振る舞いに付いてです。ただでさえ、「中卒」というだけでマナーに対する印象が悪くなりやすいでしょう。

 どんなに育ちが良くても、中学校しか卒業をしていないというとマナーが無いというように考えられやすいです。ここで大切なのは、どんなことがあっても立ち振る舞いをしっかりとすることでしょう。

 言葉遣い、姿勢、歩き方など、細かいところまで神経を張ることが大切です。きちんと守ることで、悪い印象を植え付けることはありません。特に言葉遣いは正しい敬語を使って、はきはきと応えるようにするのが大切でしょう。

服装について考える

 面接は、正しい服装で望むようにしましょう。指定がある場合には、指定どおりの正しい服装を心がけることが大切です。夏の暑い時期には、ビジネスカジュアルというような指定がある場合が多いです。

 また、作業者であれば私服や作業着などでくるようにというお願いをされることもあります。このように指定をしてくれる場合には、わざわざ堅苦しい格好までする必要は無いでしょう。

 一方で、何も言われていないのであればリクルートスーツが一番です。持っていなくても1着購入して損はありません。安いものでも構わないので、1セット用意をしておきましょう。

【関連記事】
面接で聞かれること(よくある質問)など
服装について