アルバイトを職歴にするためには、一体どうすればいいのでしょうか

アルバイトは職歴に値する?

 「アルバイトって、職歴として評価されるの?」、「履歴書に書いて、変に思われたりしない?」といった疑問は、中卒の就職希望者なら持っていても何ら不思議はありません。いざ履歴書の学歴・職歴欄を埋めようと思った時、アルバイトのことを書くかどうか迷い、そして上のような思いが頭の中をぐるぐるするのは、おかしなことではないのです。

 アルバイトは十分、職歴に値します。世間では、確かにアルバイトに対して軽く見がちなところがありますが、「働いていること」に変わりはなく、就職する時には評価の対象となることも否定はできないでしょう。

職歴となるアルバイトを選択

 アルバイトは職歴に値するとは言いましたが、全てのそれが評価されるというわけでもありません。特に、幾つかのアルバイトを経験している人は、その中から厳選して履歴書に書くようにした方がいいでしょう。

・勤めた期間が比較的長い
・履歴書を提出する企業と、どこかの部分で関連性がある
・面接時にアピールできる自信がある、あるいは、最もアピールしやすい

 これらに当てはまるアルバイトを積極的に履歴書に記載したいところ。これらに当てはまるアルバイトが複数ある場合は、その全てを記載しても構いません。要は、アピールするのに適しているかどうかを見極めた上で履歴書に書かなければ意味がない、そう言えるでしょう。

アルバイトを職歴としてアピールする方法

 履歴書にアルバイトの経歴をただ書くだけよりも、もう少し踏み込んで、そのアルバイト経験について記載しておいた方が、その経歴がアピールとしてより輝いてくれます。

 どのような取り組み方をしていたのか、そのアルバイトの仕事内容や意義をわかっていたのかがとても重要。ただお金を稼ぐためではなく、働くことやその仕事に意義を見出し、且つ、積極的に取り組んでいた姿勢というものを、職歴欄以外のところ、例えば志望動機・自己PR欄にも書いておきましょう。

 アルバイトを通じて獲得した知識や技能といったもの、あるいは価値観といったものも同時に書いておくことで、アルバイトが職歴以上の意味を持った武器になってくれます。

【関連記事】
履歴書で見られるポイントとは
履歴書や職務経歴書で悩んだ時の解決方法
履歴書の本人希望欄の書き方